【沖縄・西表島】ホテルニラカナイ西表島 宿泊体験記


2019年10月からは「星野リゾート西表島ホテル」となりますが、現在はユニマットプレシャスの運営で、記事の内容は2018年7月の宿泊体験記です。西表島ってジャングルなイメージ(かなりざっくりw)で、女子が安心して泊まれるレベルのリゾートってあるのかしら…?と心配していたのですが、お部屋もレストランもアクティビティも、どれも満足のいくレベル。アウトドアにあこがれつつも過酷な環境はご勘弁…というワガママ女子にはうってつけですよ。

取材協力:ホテルニラカナイ西表島

部屋からの眺め
プールの向こうには浜辺

大自然の中のホテルってちょっと怖い。というも、虫が大の苦手だから。。でもアウトドアって憧れるんですよね。こんな女性は多いんじゃないでしょうか。だからこそ、特に離島では民宿や安いホテルは怖くて泊まれない。多分虫とかいろいろ出ると思うし、出たところでそれが当たり前だから対応も頼めないし…。で、ここなら大丈夫だろうと選んだのが「ホテルニラカナイ西表島」。

ハリウッドツインのお部屋

西表島のジャングルの中に佇むホテルニラカナイ西表島。一見さほど部屋数があるように見えないのですが、実は150室近くを有する割と規模の大きなホテルでした。そのように見えないのは環境や景観に配慮した施設づくりをしているからでしょうね。外観は木々に覆われていて一度に全体を見渡すことができないのもその理由かもしれません。

プールサイドでランチタイム

西表島滞在中は思い立ったらすぐに利用できるコンビニやファーストフードのお店はないと思っておきましょう。ランチやカフェはホテル内が便利。そんなことも考慮するとやはり大きなリゾートホテルは心強いですね。


石垣牛を鉄板焼きで

リゾート内にはいくつかレストランがありますが、ゆっくりとお食事を楽しみたいなら鉄板焼きがおすすめ。私は一人旅の時も鉄板焼きをよく利用します。シェフと会話を楽しみながら、選りすぐりの食材を使ったお料理を楽しみましょう。

お食事のあとは是非浜辺で星空を楽しんでみてくださいね。星空保護区の満点の星空は眩暈するくらい美しいですよ。天の川も見られます。

夜明け前

この写真は夕方ではなく夜明け前。こんな時間からアクティビティです!

サガリバナ

お目当ては幻の花「サガリバナ」。夜に咲いて朝には散ってしまうので、暗いうちからカヌーで上流に向かうのです。“散る”といっても、ハラハラと散るのではなくポタっと落ちる感じ。落ちた花は甘い香りを放ちながら幻想的に下流に流れてゆきます。この光景が見られるのは6月下旬から7月いっぱい。

初心者も楽しめるSUP

早起きが苦手な方はお昼間のアクティビティへ。滝を目指すツアーや、シュノーケルツアーなどお好みで楽しみましょう。SUPは水深の浅い場所でスタートしますので初心者でも参加できますよ。ツアー参加者のレベルによってはもうちょっと高度な場所にも連れていってもらえるかも。

アクティビティもリゾートに全部お任せ

ホテルニラカナイ西表島に滞在すると、アクティビティも全部リゾートで完結するのでラクチン。ロビー横のアクティビティデスクで何でも相談できますので、不安なことや要望を伝えて、素敵な体験をお楽しみくださいね!