【神戸】神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ クラブフロア宿泊滞在記

久しぶりに神戸ベイシェラトンに宿泊しました。このホテルはクラブフロアでも安いので、クラブフロアのお部屋を予約してクラブラウンジも利用。まだまだコロナ禍なので混雑しておらず快適。温泉、朝食も楽しんできました。

温泉のあるシェラトン

シェラトンなので、マリオットグループのホテルです。「神戸」とついていますが、場所は三宮や元町などの中心部からは少々外れた場所にあります。まぁ、私のように混雑が苦手な人にとってはそこが良い点でもあります。駅直結なのも嬉しいポイント。

以前は特に韓国人で賑わっていたイメージですが、コロナ禍で人もまばら。今年の10月くらいまでは静かに過ごせるボーナスタイムじゃないでしょうか。でも早くインバウンドが戻って以前の賑わいを取り戻してほしいですね!

クラブフロアのお部屋の一例

ここのシェラトン、クラブフロアのおひとりさま利用でも2万円台で宿泊できるので、毎度クラブフロアを予約。クラブフロアはクラブラウンジが利用でき、温泉までの直通エレベーターがあります。

しかしながら、クラブフロアのお部屋にこの部屋着はちょっと…。ちょっとテンションダウン。毛玉ができすぎているのでそろそろ新しいものに交換したほうが良さそうですね。色とかデザインが素敵なだけに残念ですね。

コロナでお掃除にも影響が出ているのでしょうか。前に泊まった人のアメニティが床に転がっていました。うーん…。こうなると他の部分もちゃんと掃除されているのか不安になってきます。

お部屋自体はコンパクトながら使い勝手の良いレイアウトで、大きな窓からの眺めも素敵。クラブフロアは17階から20階に位置しますので眺めが抜群!

ベッドはかなり柔らかいので好き嫌いはあるかも。柔らかいのが好きな人にはまさに天国のような寝心地だと思います。

広々としたクラブラウンジ

クラブフロア宿泊のお楽しみ、クラブラウンジ。冷静に考えて、アルコールがほとんど飲めない私って、クラブフロアに宿泊する意味ないよね?と今回感じました(え?今更?笑)。もちろんフードプレゼンテーションが楽しみなリッツカールトンのようなラグジュアリーならまだしも、普通のホテルでクラブフロアに泊まるのはもうやめよう。飲めないと悲しくなっちゃう(笑) だってアルコール飲んでる人、楽しそうなんだもの!!!

ここのクラブフロアは広々としていて、各エリアで違う雰囲気が楽しめて素敵でした。特に半屋外のテラス席は、このご時世有難や…

ラグジュアリーのクラブラウンジとは違って、ここのクラブラウンジにはほぼほぼドリンクしかありません(乾きモノが少々あったかな?)。「えっ?」って思ったのですが、もしかしたらこれがクラブフロアなのに安い理由かもしれません。「マリオット系列のホテルのクラブラウンジ楽しみ!」なんて考えているとショックを受けるかもしれませんので、自分の払った料金を冷静に考えて納得しましょうね。

午後5時から7時までのトワイライトサービスではオードブルプレートの提供があります。

神戸六甲温泉「濱泉」

神戸ベイシェラトンには温泉が湧き出ていて、これが滞在のお楽しみのひとつ。温泉のあるシェラトンということでコロナ以前は韓国人や中国人に人気で、大変賑わっていた印象が残っています。なのでその時は混雑した大浴場は避けて、貸し切り温泉(5500円)を利用しました。今思えば、おひとりさまなのにもったいない!

今回は大浴場を利用。空いていたのでとてもゆったりと利用できました。寝湯も気持ちよかった!

湯上りラウンジも寛げる雰囲気で素敵です。一部ヨガなんかができるウォームラウンジになっていて、オシャレな感じ。私は体が硬すぎるので、ここでストレッチなんて披露できません(笑)

自然光が清々しいレストランで朝食タイム

朝食にフォーがあってびっくり。以前はなかったので、嬉しい!フォーとライブクッキングのフレンチトーストだけでもうお腹いっぱい(笑)

あ!県内(淡路、加古川、加古郡稲美町、神戸)の農家から直送される新鮮野菜のサラダは美味しかったです。お肉より野菜のほうが好きな私にとっては重要なポイント。

和食も美味しそうだったのですが、やはり外資系に来たなら洋食よね…という思い込みで今回も洋食をいただきました。ちなみ朝食会場のテラスレストランは自然光たっぷりで素敵です♪

マリオットに期待しすぎなければ納得できる

クラブラウンジはちょっと残念ですが、お値段を考えると納得のホテルではないでしょうかね。温泉も楽しめますし。個人的には、次回宿泊するならクラブフロアではなくレギュラーフロアにすると思います。そのほうが満足度は高そうですよ^^