【グアム】シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート 宿泊体験記


空港から車で15分。タモンの中心部からは離れていますが、プレミアムアウトレットや無人島(アルパット島)に近く、のんびりと休日を過ごすことができる大人リゾート。朝食がものすごく美味しいので、朝食重視の方やグアム2回目以降で「もうタモンのショッピングは不要」という方には特にオススメ。2019年4月の宿泊体験記です。

ラグーンとインフィニティプールが美しいリゾートホテル

子どもが少ないインフィニティプールは嬉しい…

シェラトンで特に印象に残ったのがインフィニティプール。他のホテルにもインフィニティプールはあるけど、子どもが浮き輪で遊んでいるインフィニティプールはやはり女子的リゾート感にはマイナス要素。。
その点シェラトンは子供用の楽しそうなプールは別の場所にあるので、ここには浮き輪の子どもがいない(浮き輪禁止なんです)。とにかくオシャレな雰囲気が壊されずにイイ感じのインフィニティプール。

ラウンジにアクセスできる部屋タイプがオススメ

宿泊プランはやはりラウンジアクセス付きのものを選びましょう。リゾートで部屋をケチると後々後悔します(若き日の過ちw)。グアムではラウンジアクセス付きのプランはさほど高くないので、トータルで考えるとお得です。

ここのラウンジは2層構造。もともとそんなに子どもの多いホテルではないのですが(どちらかというと少ない)、2層に分かれていることによって、フード・ドリンクコーナーのある1階部分にはファミリーが、静かな2階部分にはオトナが…というふうにすみ分けられている感じでとても居心地がいい。


目の前はひょっこりひょうたん島のモデルといわれるアルパット島。そうそう、ここのラウンジは14時からアルコールが楽しめますよ。外出せずにホテルでリゾートライフを満喫するにはぴったりのホテルです。
ちなみに真ん中のグラスはアップルジュース(笑)
実はあまりお酒に強くないもので…

今回泊まったのは、高層階に位置し、真下がラグーン、その向こうにインフィニティプールと海…という素敵なお部屋「ラグーナクラブルーム」。コンパクトながら居心地がいいので、次回一人旅でも使いたいかも…思っています。

サンセットを眺めながらBBQ&ショー

ディナーはサンセットを眺めながらベイサイドバーベキュー。ここからのサンセットはほんと最高でした!4月ということもあり、天候も安定していたのかもしれませんが、3泊4日の滞在中はずっとお天気に恵まれ、毎日素敵な夕日が見られました。

お酒弱いのですが、一杯目のシュワシュワはいつも大好き♪
リゾートステイにはなくてはならない存在ですね。

BBQの内容は、お肉、シーフードを中心に野菜やシェラトン風にアレンジされたチャモロ料理など盛りだくさん。
お肉が柔らかくて日本人好みかも。

チャモロダンスショーが19時からなので、ディナーは18時からサクッといただいて、ショーを存分に楽しめるスタンバイ。
ショー後半ではゲストを交えてのダンス!ダンス!ダンス!BBQ会場自体がそんなに広くないので人数も限られていて、全員で楽しめる思い出に残るショーでした。
ショーの後は、ダンサーたちと撮影大会でスマホの見せあいっこ(笑)
ダンサーというよりも、地元の女の子たちといった感じで(ダンスはもちろんすごい上手なのですが)、交流できて、そこがまた良かったですね~。

朝食のレベルが相当高い

シェラトンの朝食は驚きのクオリティ。グアムでホテルチェンジしながら3泊しましたが、抜きんでていました。
まぁ、メニューがオトナ向き、健康志向、女子好み…ってところも大きいのかも。フルーツやナッツ、チーズの種類が多く、量より質を求める層には好まれるでしょうね。やはりここは子供や団体向きではなく、旅慣れたオトナ向きの良質なホテル。
目の前で作ってくれるパンケーキも、「なんちゃって」ではなく、味も見た目もカフェで提供されるような本格的なもの。

テラス席はすぐそばにラグーンがあり、青が映えて写真を撮るにはおすすめですよ。

2泊以上だとカヌー体験が無料

オトナの事情で写真は違うツアー会社のカヌーですw

シェラトンアドベンチャーズがカヤックやヨガ、フィッシング、サーフィンなどのアクティビティを提供しています。フロントで前日までに申し込みましょう。
スイート宿泊者は全部無料!!

グアム3泊の結果

グアムでホテルチェンジをしながら3泊しましたが、それぞれにターゲット層に違いがあって興味深かったですねー。
朝食なら今回ご紹介したシェラトンが一押し!!総合的にはヒルトンのタシが良かったですね。私が子連れなら間違いなくニッコーかな。子どもが病気になったりケガしたりしても安心だし。
2020年5月にはTSUBAKIがオープンするようだし、今回久しぶりのグアムでしたが、また行きたい!と思っています。