【福島】ハワイアンズグランピング「マウナヴィレッジ」宿泊体験記

福島県にある日本のハワイ「スパリゾートハワイアンズ」。実は2021年7月からグランピング施設を開業していて、その人気の高さから2022年7月に拡張リニューアル!ハワイアンズの施設も利用できてグランピングも楽しめる一石二鳥の欲張りなプランが楽しめます。しかもコスパが良い!もちろん首都圏からの無料送迎バスも利用できるので、女子旅から家族旅行まで幅広い層におすすめです。トラベルjpでも執筆しました「家族のグランピングデビューはハワイアンズのマウナヴィレッジで!

今こそ日本のハワイ!

実は今年2回ハワイアンズに行きました。長引くコロナ生活で、海外成分・ハワイ成分が不足しているのです。ハワイアンズのいいところは、首都圏から送迎バスでダイレクトに連れて行ってくれるところ。途中立ち寄る高速道路のサービスエリアも何気に楽しい。なかなかお得なリゾートですよね。

カメハメハ大王(のハズ)

ハワイアンズのグランピング「マウナヴィレッジ」

関東にお住まいの方なら、家族旅行や卒業旅行などで一度はハワイアンズを訪れたことがあるのではないでしょうか。「ハワイアンズは以前行ったし…」と旅先から除外してしまうのはもったいない。

ゴルフ場だった場所の傾斜を利用しているので、夏でも風がよく通って気持ちいい!


実は2021年7月にハワイアンズのグランピング施設がオープンし、2022年7月には拡張リニューアルでパワーアップ。以前ハワイアンズを楽しんだ人も、グランピングブームに乗り遅れちゃった人も、家族でグランピングデビューを企画している人も、ぜひ知ってほしいのがハワイアンズのグランピング「マウナヴィレッジ」です。

どんなテントがあるの?

マウナヴィレッジには5つのタイプのテント・キャビンでお泊りできます。それぞれにテラスがついていますので、プライベートな空間でBBQしたりティータイムを楽しんだりいろいろな過ごし方ができます。ここでは一部のテントをご紹介します。

グランテント

ベッドが2台入ったグランテント。寝袋対応ですが最大4名まで泊まれます。女子旅だとじゃんけん案件ですが、ファミリーの場合はこの寝袋が子どもに大人気だとか。確かに子どもにとっては寝袋なんて超非日常ですもんね。

ASOBIテント

こちらは子ども用のボルタリングウォールや滑り台が付いたASOBIテント。2022年のリニューアルで新設されたテントです。子どもが目の届く場所で遊んでくれると親ものんびりできますよね。

ロータスベルテント

こちらも2022年のリニューアルで新設されたロータスベルテント。スライム型の大型テントです。ベッドが4台入っていて、寝袋対応で最大6名まで泊まれます。女子旅でワイワイ楽しむのにぴったり!各テントは全て内装が異なり、フットスローに使われている生地はフラガールの衣装と同じデザイン。

マウナヴィレッジで楽しめる福島食材

マウナヴィレッジのお食事はBBQスタイル。時間になるとテントに保冷BOXに入った食材が届きます。食後のデザートに酪王乳業のアイスも入っていますので、まずはこれを冷凍庫へ!

BBQスタイルの夕食

野菜もお肉も福島産にこだわったラインナップ。BBQですが飽きがこないように、スープや冷製のお料理も用意されています。あと写真にも一部写っていますが、ソースとドレッシングが豊富で味変のお楽しみも!最後まで美味しくいただけるメニューです。

ドリンクは敷地内のヴィレッジハウスで販売されています。ネーミングが気になった地元いわきの「梨ワイン」で乾杯。

ちなみに夕食メニューの福島牛ランプ肉ですが、めちゃくちゃ美味しいんです。グランピングのお肉だから雰囲気で何を出しても良さそうに思うのですが(コラコラw)、赤身と脂身のバランスが絶妙で、思わずドリンクを赤ワインにチェンジ!ソースよりも岩塩で素材の味を楽しみたい質のいいお肉です。お楽しみに♪

自由にアレンジする朝食

朝食は、時間内のお好きなタイミングでヴィレッジハウスに取りに行きます。

パンでサンドしてもいいし、グリルで焼いてもいいし、お野菜はサラダにしていただいてもいいし、お好きなように。

ハワイアンズの施設も楽しもう

チェックイン前やチェックアウト後はハワイアンズの施設を満喫してみてはいかがでしょうか。というか、利用しないともったいない!

閑散期の平日はこんな状況ですが、7月の土曜はすごかった…

わたしも〇十年ぶりにスライダーを体験!子どもが楽しんでるからゆる~いスライダーかと思いきや、スリル満点…というかけっこう怖かったです(笑)たぶん子どものほうが純粋に楽しめるんだと思います。

他にもスライダーはあるのですが、怖がりの私はあとの体験は友人に任せてのんびりしていました。

プールで遊んだあとは温泉へ。世界最大級の露天風呂「与市」も利用できます。

グランピングではなくホテルステイもあります

ホテルがいいという人はホテルもあります。というより、そもそも今まではハワイアンズで宿泊といえば、ホテルステイだったのです。ホテルハワイアンズ、モノリスタワー、ウイルポートから、滞在目的やメンバーにあったお部屋を探してみてください。

ホテルの場合は、ハワイアンズの敷地(と繋がっている)になりますので、プールや温泉、フラガールショーなどを朝から晩まで満喫したい場合におすすめ。

ホテルの場合、BBQではなくレストランでのお食事になります。グラスに乗った冷製のお料理からライブキッチンで提供されるアツアツお料理、スイーツまで盛りだくさん。

安心感のあるグランピングなら「マウナヴィレッジ」

ひとことでグランピングと言っても、超オシャレなグランピングから、隠れ家のようなグランピング、ホテル施設のようなグランピング、若い子たちが多いグランピング(少々騒がしい)など特徴がそれぞれ。複数泊まり歩きましたが、その中でもダントツで安心感があったのがこちらの「マウナヴィレッジ」。やはり母体がハワイアンズなのでいろいろ便利な点も多いんですよね。誰も運転せずにいいというのも大きいですね(笑)

取材協力)スパリゾートハワイアンズ