【東京】メズム東京、オートグラフコレクション 宿泊体験記


2020年4月にオープンしたマリオットの新規開業ホテル「メズム東京、オートグラフコレクション」に滞在してきました。う~ん、ここは本当に素敵!早くも再訪してしまいそう。。浜離宮恩賜庭園を望む最高の立地で、日常を忘れさせてくれる五感に響く滞在を楽しめます。

マリオット“オートグラフコレクション”

ホテルフリークならチェックしているはず!マリオットのニューフェイス「メズム東京」。マリオットにはさまざまなブランドがありますが、こちらは独立系ホテルが加盟するオートグラフコレクションのラインで、ホテルごとに異なる唯一無二の滞在が楽しめます。
レセプションでひときわ目を惹くのがこのラゲージカート。超ゴージャス!!これで荷物を運んでもらえるだけでテンション上がりそう(笑)
実際にかなりコストがかかっているこだわりのカートらしいです。

浜離宮恩賜庭園を望む贅沢な立地

ロビーラウンジは9メートルの天井と浜離宮恩賜庭園が望めるガラス張りの壁で開放感抜群。この空間には最新の音響設備が備わっていて、上質な音で聴覚を刺激されます。夜にはショーケース(無料イベント)が行われますのでアーティストと開始時間をチェックしておくといいでしょう。

チャプター1 ガーデンビュー

メズム東京のゲストルームは“チャプター”で表されています。こちらはチャプター1の中の、ガーデンビューのお部屋です。メズム東京のガーデンビューは、浜離宮恩賜公園ビューのこと!なんと贅沢な借景!!


部屋の中からも離宮や東京の街を見渡すことができますし、広いバルコニーでは心地のいい風を感じながら東京とは思えないゆったりとした滞在が楽しめます。
ここが都心であることを忘れさせてくれるような景色。緑と水辺と街が近い、海外の都市に似ているかも。ちょっとした海外旅行気分です。

部屋を広く演出するスケルトンのバスルーム

バスルームはスケルトン。スケルトンだと単に「景色がいい」というだけじゃなく、部屋が広く感じられます。アメニティは本のようなBOXに入っていて、遊び心があって開けるのが楽しい。開けると、大航海時代にメズムが発見される…みたいなストーリーが感じられるイラストになってるんです。

部屋にいることが楽しい、こだわりの数々

お部屋にはチョコレートのウェルカムスイーツ。猿田彦珈琲のメズムオリジナルブレンドのドリップコーヒーと一緒に楽しめます。

全ての部屋にデジタルピアノが完備。ピアノが弾けない人でも楽しめる使い方がありますので、お試しを。詳しくは部屋のタブレットに説明があります。私はBluetoothでスマホと繋げて、お気に入りの音楽をピアノで聞いていました。これ、サイコー。

アルコールを楽しまれる人は冷蔵庫を開けてみて!コンプリメンタリーでミネラルウォーターの他にハートランドビールが入ってますよ。ビールはバルコニーで楽しむと何とも開放的な気分に!

浜離宮恩賜庭園だけではなく東京タワーも見えて、このバルコニーはテンション上がること間違いなし!

室内のピアノで音楽を流しながら、このバルコニーでひたすらのんびり…。最高のステイケーションの完成です。

ミクソロジーバー“Whisk”

ロビーラウンジの“Whisk”もなかなか楽しいバー。アーティストのアトリエをテーマにしたカクテルが素敵です。落穂ひろいをイメージした“ハーヴェスト”や、民衆を導く自由の女神をイメージした“レボリューション”などユニークで、ついつい全部制覇したくなるシリーズ。私はあまりアルコールが強くないので、途中からノンアルコールで作ってもらいながら楽しみましたよ。

ロビーでは毎日無料のイベント「ショーケース」が開催されていて、HPにはスケジュールも載っています。お目当てのものがあれば、宿泊していなくてもアルコールを楽しみにWhiskに遊びにいくのもおすすめ。

目覚める東京の街を眺めながらの朝食

朝食はインルームをお願いしました。セッティングもバルコニーに。宿泊したのが6月だったので、まだ暑くもなく清々しい朝でした。
動き出す東京の街を眺めながらの優雅な朝食は特別感ハンパなし。

チェックアウトは12時

メズム東京のチェックアウトは12時。お昼までお部屋でのんびり過ごして、ロビーフロアのシェフズ・シアターでランチ…というプランも素敵ですよね。私は朝食でお腹いっぱいだったので、WhiskでPC仕事をしていましたが(笑)

また東京に行ったら泊まりたいホテルだなぁ。そのうち東京でもGotoやるだろうし、楽しみに待っていよう。