【滋賀】MACHIYA INN 近江八幡(別邸) 宿泊体験記


ラグジュアリーホテルではないのですが、ちょっと変わったホテル(土蔵)に泊まる機会があったので、その宿泊体験記です。
近江八幡の八幡堀近くに「マチヤイン近江八幡」というゲストハウスがあって、その別邸として町家と醤油蔵を改装してオープンした施設に泊まってきました。沢山泊まり歩いている私も、醤油蔵に泊まったのは初めてです。。

本当に蔵…

最近よくあるんですよね。昔の町家を改装した…から更に上を行く「酒蔵を改装した」みたいな宿泊施設。でもそういうのって、だいたい本当に蔵そのものではなく、蔵があった建物の一部だったり。
でも、私が案内されたのは本当に土蔵でした(笑)この網の扉から入ります。


入り口は土壁(しっくい?)だし、扉は金網入ってるし。というか、鍵が南京錠です。なんか、江戸時代の多くのお仕置き部屋みたいな感じ?
もちろん、一日一組。私の貸し切り(笑)

中は思いのほか快適

蔵の中は2階構造で、リノベーションされているからかなり快適。しかも、「隣の部屋」という存在がないので、平和このうえなし!


一応ツインルームのようですが、一人で利用しました。テレビもあるし、何よりもコンセント口が豊富!外観は蔵だけど、室内は現代的。湯沸かしポットや冷蔵庫、電子レンジも完備。

水回りも快適。土蔵って寒そうだけど、エアコンはもちろん、水回りには足元にファンヒーターも用意されています。お風呂の前後や朝の支度の時に、急速に暖められるので便利。
バスルームは広い洗い場と湯船があるのですが、普通のマンションのバスルームみたいな感じで(給湯パネルもあるし)、なんだか落ち着きます(笑)

ちょっとしたことにもこだわりが感じられて、なかなか楽しい宿泊施設でした。お値段も、想像以上に安いし。
近江八幡、特に八幡堀・ラコリーナ近辺を観光するなら拠点としておすすめです。
https://www.travel.co.jp/guide/article/42970/