【京都】ザ グランドウエスト嵐山 宿泊体験記


嵐山にゆったりと過ごせるオシャレな隠れ家ホテルが知らぬ間にできていました!2017年にオープンした「ザ グランドウエスト嵐山」は阪急嵐山駅から徒歩5分という便利な立地ながら、広いお部屋で静かに過ごせるおすすめのホテル。外観もホテルとは気づかない隠れ家的な感じですが、お部屋がまた想像外のデザイン!屋上のテラスで行われる季節のイベントも豪華な内容で楽しめますよ。
取材協力:ザ グランドウエスト嵐山

こんなところにホテルが!?

ザ グランドウエスト嵐山は竹炭を使った真っ黒なバンズで知られるハンバーガーレストラン「CROSS」の上にあります。「CROSS」を訪れたことがある人も、あの上にホテルがあったなんて気が付かなかった人がほとんどではないでしょうか。
そんな環境だからこそ、嵐山駅から徒歩5分という近さなのに、静かに滞在することができるホテルなんです。

この画像、SNSでよく見かけますよね。っていうか、このおにーさん、指がめちゃくちゃ美しいですね。。このハンバーガーレストランは23時まで営業していますので、お店が早く閉まってしまう嵐山ではなんとも有難いお店。ホテルの階下にあるので、お酒を楽しんだ後はそのままベッドへ…と、ゲストはとても便利に過ごすことができます。

4タイプのゲストルーム

畳のスペースもある和洋室ファミリールーム
和洋室ファミリールームのリビング

ザ グランドウエスト嵐山のゲストルームは全部で10室。それぞれデザインが異なります。写真はベッド2台+布団3組で5名まで泊まれる和洋室ファミリールーム。ファミリーだけではなく、女子旅にも楽しそう!


ダイニングスイートのリビング

こちらは63平米の広さのダイニングスイート。キッチンも完備していますので自分たちで簡単なおつまみを作ることも可能。ワインやビールを買い込んで、広いお部屋でまったりと過ごせます。
襖は独自のデザインや色彩が魅力の野田版画工房のオリジナル作品。唐紙の伝統技法が用いられています。襖は部屋ごとにデザインが異なり、先ほどご紹介した和洋室ファミリールームもこの部屋とは違った襖が使われていますよ。

広いベッドルームにはキングベッドが2台

ベッド脇のテーブルは両サイドに合計4つ。それぞれコンセントもついているのでどこで寝ても便利(←ここ意外と重要)。
ちょっとしたことに細やかな気配りがあり、例えば写真の障子、遮光なんですよ。日中は障子を開けて自然光で過ごし、寝る時は遮光の障子を閉めておけば朝日が眩しくて必要以上に早起きしてしまうこともないですね。

フロント前のラウンジにはデロンギのコーヒーマシーンがありますので、コーヒーをお部屋に持ち帰ることもOK。これだけ広い居心地のいいお部屋なら、リビングでまったりと過ごすのもいいですよ。
ちなみにラウンジにはiPadも3台、ガイドブックも数冊用意されていますので、観光スポットやレストラン検索に便利。翌日の予定をたてるのにラウンジを使うのもおすすめです。

屋上ルーフトップのイベント

ザ グランドウエスト嵐山にはゲストが自由に使える屋上があるのですが、季節によってイベントが開催されることがあります。
写真は秋の観月会の時の様子。茶道のパフォーマンスとお茶・お菓子を楽しむひととき。もちろん主役はお月さま。山の稜線から大きなお月さまが顔を出してみんな感動!
近くのレンタル着物のお店で浴衣や着物を着つけてもらって、嵐山散策やイベント参加すると京都旅行気分も更に盛り上がりますよ!

レンタル着物のお店は、ホテルスタッフに聞くとおすすめのお店を教えてもらえます(安くてクオリティがいい)。

早朝サイクリングのススメ

ゲストは2時間無料でレンタサイクルを利用することができます。おすすめの時間は早朝!観光客の少ない嵐山を観光できるチャンスです。

早朝の渡月橋

いつもは観光客や車で混雑する渡月橋もこのとおり。早朝はお散歩される近所の方が中心で、観光客はまばらです。

竹林の道

人気スポットの竹林も人がいない写真が撮れます。ただ、嵐山の夜は早いので、皆さん早寝早起き。早朝でもチラホラと観光客の姿は見かけます。
写真メインの方はかなり早起きしたほうが納得のいく写真が撮れると思います。

好立地とレンタサイクル無料で嵐山観光が充実!

ザ グランドウエスト嵐山は、私のように「混雑は苦手」「静かなところが好き」「でも便利な場所がいい」「広い部屋じゃなきゃヤダ」「写真を撮りたい」…なんてワガママな観光客にはものすごくオススメ。
渡月橋からも近いので、無料のレンタサイクルで、早朝の混雑していない時間に人気スポットをまわるとかなり充実した嵐山観光ができると思います!