【大阪】セントレジスホテル大阪 宿泊体験記


マリオット・インターナショナルブランドの最高峰セントレジス。実は日本には大阪にしかありません。今回、開業8周年のアニバーサリープランを体験してきました。

取材協力:セントレジスホテル大阪

とにかく美しい…セントレジスホテル大阪

何度か用事で訪れたことがあるセントレジスホテル大阪ですが、まぁ何度訪れてもこの空間の美しさにはため息ですね。こんなホテルが大阪のビジネス街にあるとはちょっと想像できません。レセプションがあるのは高層階。同じフロアに枯山水の日本庭園もあります。BGMはジャズですが、これがまた枯山水と合う。外国から見たジャポニズムが結集したような美しき空間。

レセプションの奥にはラウンジが続き、その奥にはバー。その脇にひっそりと客室へアプローチできるエレベーターフロアがあります。

ゲストルーム&バトラーサービス

今回宿泊したのはスカイラインフロアという高層階に位置するお部屋。奥にはウォークインクローゼットもあります。あいにくこの日は台風接近に伴い雨。履いていたヒールが少し濡れてしまったので、セントレジスが誇るバトラーサービスを利用し、パンプスを乾かしてもらいました。あとはレストランを予約してもらったり、夜にハーブティーを運んできてもらったり。


私は利用しませんでしたが、アイロンやパッキングもお願いできるようですね。

ちなみにバトラーサービスは、ベッド横の電話のボタン一つでお願いできます。頼んでおいたものは、入り口のBOXに入れてくれますし、お届け物があったらランプが点灯しますので便利です。お茶はもちろんお部屋にお届けしてくれます。

スカイラインフロアから見下ろす大阪の街。遠くには生駒山系の山々。

セントレジスバー&朝食タイム

8周年アニバーサリープランにはスイーツブッフェとセントレジスバーでのフリードリンクが付いています。私はあまりお酒が強くないので、ノンアルコールやローアルコールでカクテルを作っていただきました。

セントレジスが発祥のブラッディーマリーは外せません。世界中のセントレジスにはそれぞれオリジナルのブラッディーマリーがあって、ここ大阪は太閤にちなんで「ショーグンマリー」でした。

朝食はホテルメイドの美味しいパンを存分に。テーブルオーダーで卵料理やステーキがオーダーできますよ。流石に朝からステーキは無理だったので、エッグベネディクトをチョイス。

今回は8周年アニバーサリープランでしたので、かなりたっぷりと満喫しましたがリーズナブルな料金設定。もし、セントレジスホテルを試してみたいと思われる方は、このプランで予約するとお得かも。2019年3月までは予約できるみたいですよ。